三拍子揃った酒の通販メリット

最近、しみじみとライフスタイルが変わってきたなと思う事があります。
それはインターネットの普及と大きな関連があります。
まず、めっきりとリアルな店舗で商品を購入する事が減りました。
書籍やCD、お取り寄せのスイーツなどはほとんどネットで購入しますし、お酒に関しても通販で済ませる様になってしまいました。
この様な行動の背景には、当然ながら大きなメリットが存在しています。
まずネット上ではリアルな店舗では揃える事ができない、膨大な数の商品が揃っている事があります。
リアルな店舗でも店頭在庫が無いと取り寄せで対応ができますが、それにも時間が必要です。
ネット通販なら最初から取り寄せの様な物ですから、はるかに話が簡単です。
また、長引く不景気により経済的な事情もあります。
懐に限りがある一般消費者としては、お酒の価格は安いにこした事はありません。
ネット通販を行っている店舗では、リアルな店舗に比較すると基本的に価格は安価な傾向があります。
これは店頭在庫を置く必要が無い事や、無駄な人件費、あるいは店舗を維持する為の固定費などが不要な事が大きな理由です。
そして、さらに大きな理由があります。
日本酒を別とすると、お酒に関しては国外の銘酒が数多く存在します。
ワイン、ブランデー、ウィスキーなど、国産品もがんばっていますが、「やはり海外の一流品にはかなわない」と思う方も多いのではないでしょうか。
日本経済に対しては「進みすぎる円高は不安要素」などと悪役にされる円高ですが、この点に関しては大きな味方となってくれます。
一昔前なら1ドルが120円も100円もしていたものが、1ドル80円前後で推移しているのです。
昨今の海外通販では、日本語も使用できるお酒の通販サイトも数多く存在する様になりました。
簡単な英語で良ければ、もっと数は増加します。
国内では聞いた事の無い様な銘柄のワインを気軽に購入できるのは、海外通販ならではの事だと思います。
例えば、インドやアフリカなどのワインなどを飲んでみたいと思いませんか。
それがネットの発達で可能になる時代になったのです。
また、お酒と言う商品は意外に重量が嵩みます。
安さに釣られてディスカウントショップにてワインをケース単位で購入したのは良かったけど、運搬に一苦労したと言う経験は無いでしょうか。
通販を利用する事で、この様な問題もクリアする事ができます。
コストメリット、利便性、商品の多様性と三拍子揃っているのが、現代のお酒の通販のメリットと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*